白石麻衣(まいやん)の卒業ライブの倍率は?過去の卒業コンサートと比較してみた

乃木坂

2020年1月7日に卒業することを発表した白石麻衣。

乃木坂の一期生として引っ張ってきたまいやんの卒業に世間では信じられないの声も。

今回はまいやんこと白石麻衣の卒業コンサートの倍率や過去の卒業ライブと比較してみました。

白石麻衣の卒業ライブはいつ?まいやんのラストステージは東京ドーム?
スポンサーリンク

白石麻衣が2020年に卒業

白石麻衣

白石麻衣が2020年3月25日のシングルでの卒業を発表しました。

シングルが発売の3月25日が活動の最後となるものの卒業ライブも未定ながら計画しているとのことです。

2018年頃から卒業のことを考えるようになり最終的に決断したのは昨年の夏ごろで、9月発売の「夜明けまでは強がらなくてもいい」の活動時期あたりですね。

加入一年にも満たない4期生と一緒に活動し、後輩の急成長を実感したのか「外から乃木坂を見守っていきたいという気持ちが強くなった」と語っています。

「外から乃木坂を見守っていきたい」という言葉の裏には「若い子達と世代交代をして頑張っていってほしい」と願っている気持ちが感じ取れますよね。

乃木坂のまいやんが卒業すると4期生など活躍のチャンスが更に広がり一気に乃木坂の若返りが進みそうで楽しみです。

卒業は悲しいですが、年齢的にもそろそろかなとは思っていました・・・。

ファンからもそこまでの驚きは無い印象です。

スポンサーリンク

白石麻衣(まいやん)卒業ライブの倍率は?

乃木坂

まだ、卒業コンサートの場所や詳しい日程が決まっていないので卒業倍率はわかりませんが、約10倍以上の倍率になることは確実だと思います。

白石麻衣の出身が群馬ということもあり関東でのライブ開催が濃厚な気がします。西野七瀬のライブは地元大阪の京セラドームだったので。

関東で一番大きいコンサート会場が日産スタジアムの72,327人です。

ついで東京ドームの55,000人なので席数的には5万〜7万近い席数があるので西野七瀬や橋本奈々未の応募総数が50万〜60万近いことを考えるとライブ会場によりますが約10倍ほどになるんじゃないかと思います。

詳しい卒業ライブの日程や倍率が発表されたら更新していきます。

過去の卒業コンサートの倍率もヤバすぎた

乃木坂の過去の卒業ライブの倍率も相当高かったので見ていこうと思います。

西野七瀬の卒業ライブの倍率

西野七瀬

卒業して女優としても活動しているなあちゃんこと西野七瀬の卒業ライブの倍率は10倍でした。

地元の京セラドームで行われたライブには5万席あるキャパに対して50万通の応募があり10倍となりました。

全国の映画館でのライブビューイングでは10万席に対して20万通の応募が来ました。

橋本奈々未の卒業ライブの倍率

橋本奈々未

卒業と同時に芸能界も引退することを決意した橋本奈々未の卒業ライブの倍率は17倍でした。

橋本奈々未さんのライブはさいたまスーパーアリーナで行われ、3.5万人の席数に対して60万通近い応募があり17倍という驚異の倍率になっています。

生駒里奈の卒業ライブの倍率

生駒里奈

突如として卒業することを発表して世間を騒がせた生駒里奈の卒業ライブの倍率はなんと30倍でした。

日本武道館で開催された卒業ライブは1.2万人という席数に対して応募総数は36万通の応募があり倍率は30倍という結果になっています。

こちらも応募が殺到しすぎて映画でのライブビューイングを開催し、6万席のチケットが50分で完売したそうです。

白石麻衣の卒業ライブはいつ?まいやんのラストステージは東京ドーム?

白石麻衣の卒業ライブも相当な倍率になることが容易に想像できますよね。

一般からの応募は絶望的で楽天はおろかモバイルでも危ういと思ったほうが良さそうですね・・・。

 

白石麻衣の卒業ライブの倍率や過去の乃木坂の卒業コンサートでの倍率について紹介していきました。

女性からの人気や乃木坂を好きになるきっかけになると言われているまいやんに卒業ライブにそれくらいの人が応募するか非常に楽しみですね。

スポンサーリンク