【寛一郎】演技力は上手い?下手?グランメゾン東京でのネットの評判は

寛一郎

 

グランメゾン東京での演技で評判を呼んでいる俳優”寛一郎”。

今回は寛一郎の演技力についてネットの意見などを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

寛一郎はどんな人物?

寛一郎引用:T-artistオフィシャルウェブサイト

“寛一郎”

  • 生年月日:1996年8月16日
  • 出身地:東京都
  • 身長/体重:181cm/60kg
  • 血液型:A型
  • 受賞歴:第27回 日本映画批評家大賞 新人男優賞(2018)

 

芸名の寛一郎は本名からとったもの。本名は佐藤寛一郎。1600グラムの未熟児だったことから寛大で広い心を持ってほしいと名付けられたそうです。

父親は俳優の佐藤浩市で祖父は三國連太郎という芸能一家。

幼い頃から父親の佐藤浩市に連れられて現場に来ていて映画好きだったものの俳優になることは考えていなかったとか。

俳優の道に進むと決めたのは18歳のとき。高校卒業後はロサンゼルスに短期留学。

寛一郎が出演しているグランメゾン東京での演技が評判に?

 

グランメゾン東京

11月24日の放送回では寛一郎が役を務める芹田の成長回となりました。

その回での反響が素晴らしく視聴者からも好評の声が寄せられました。

視聴者からは「土下座するシーン、直視できないほど痛々しかった…。寛一郎くん眼力とか佇まいとかも含めて演技うますぎ」「喜怒哀楽の表情がめちゃくちゃ上手いしリアル。思わず感情移入しちゃう。これは七光りじゃない演技力だな」と寛一郎の演技を絶賛する声が集まっている。
引用:exciteニュース

 

最初はアルバイトとして出演するだけの役どころでしたが、成長過程や下積みの苦悩を徐々に演じるようになり物語にもしっかりと関わっていき大きな爪痕を残しましたよね。

あれだけ豪華な俳優陣がいる中で堂々と演技していますよね。(他の若手の俳優さんもそうですが)

木村拓哉、鈴木京香、沢村一樹、及川光博

想像しただけで恐ろしいです(笑)。

 

18歳の時に俳優になると決意してから、2017年に俳優デビューしたての23歳とは思えないです。

そもそも演技力がなかったらこれだけ物語に関わってくるような役どころには選ばれていないですよね。

しっかりと実力で認められた上でキャスティングされていると思うとすごいです。

 

過去のインタビューで寛一郎さんは父親と比べられることに関して「嬉しくはないですけど、なれてます」と語っていました。

自分と同じ俳優として父親の佐藤浩市さんのことは尊敬しているそうです。

佐藤浩市さんと三國連太郎の確執は芸能界でも非常に有名ですが、佐藤浩市さんと寛一郎さんの間はそこまで悪くないみたいですね。

スポンサーリンク

寛一郎の演技にネットの声は?

 

 


演技に関して上手い下手など様々な意見が上がるんですが、寛一郎さんに関しては一切ありませんでした。

一貫して芹田役のひといい演技するなどの評価が並んでいました。

テレビ離れが進んでいると言われている中で平均視聴率も10%を超えて安定しているグランメゾン東京でこれだけの存在感を出せれば今後も俳優業でキャスティングされることが増えること間違いないですよね。

まだ23歳と若い中でこれだけのインパクトと爪痕を残せているので今後も非常に楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください