Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吉永一貴の顔の傷(怪我)の理由は?母親が有名選手ですごい!

吉永一貴

 

待ちに待った2018平昌オリンピックが開幕しました。

フィギアスケートや、スキージャンプにスノーボードとたくさんの注目種目がありますよね。

今回はそのなかでショートトラックという種目の吉永一貴さんについて見ていこうと思います。

 

この吉永一貴さんはほっぺたのあたりに傷があるんですよね。

これが何でできた傷なのか気になりました。

練習中の怪我でしょうか?

 

それと、母親が有名選手ということでその辺も紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ショートトラックの吉永一貴のプロフィール

吉永一貴

  • 生年月日:1999年7月31日年齢 18歳
  • 出身地:愛知県
  • 身長:173cm
  • 体重: 63kg
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:名古屋経大市邨高在学中
  • 所属:愛知・名古屋経大市邨高
  • 出場種目:男子1,000m、男子1,500m、男子5,000mリレー、男子500m

 

まだ現役の高校生ということで、本当に若い世代がすごいです。

高校生で4年に一度のオリンピックの舞台に立てるということが本当にすごいことですよね。

 

自分がそんな舞台に立ってたら緊張で足が震えそうです(笑)。

 

そんな、吉永一貴選手がショートトラックを始めたのは小学二年生の時に、

地元のショートトラックの大会を観戦したのがきっかけだそうです。

 

そこから、小学4年生になってから本格的に競技としてショートトラックを始めて

小学5年生の時に地元の実業団のトヨタ自動車のコーチに師事してもらって実力をめきめきと伸ばしていったそうです。

 

ちなみに、ショートトラックとは

フィギアスケートと同じリンクで行われて

一周111.12mのコースを集団で滑走する競技です。

 

この競技の面白いところは、タイムで競うわけではなく

順位を競い合います。

 

そのため、コースの奪い合いやギリギリで戦っているので選手同士が接触するなどして

とてもスリリングな競技になっています。

 

純粋な力ではなく、技と力を駆使しないと勝てないというのが見どころです。

スポンサーリンク

吉永一貴の顔の傷(怪我)はなにで出来たの?

 

日本男子史上最年少での出場の吉永一貴さんなんですが、見ていて気になるのが顔の傷です。

 

この傷はなんでできたのかなーと思い調べてみたところ、

中学二年生の時の練習中に、転倒した選手に巻き込まれて

シューズの歯が吉永一貴さんの顔に深く刺さってしまったそうです。

 

想像しただけで痛々しい事故です。

ショートトラックはそれだけ激しい危険なスポーツなんですね。

 

この怪我をきっかけに父親は引退させようとしたそうです。

 

しかし、吉永一貴さんの母親は

「足じゃなくてよかった、練習を休まないで済む」

といっていたそうです。

 

めちゃくちゃ冷静ですね(笑)。

 

10針以上は縫う怪我だったそですが、

すぐに復帰してハードな練習を再開したそうです

 

それだけの怪我をしたら怖くて練習なんて出来なそうですが、

吉永一貴さんはすぐ再開したということですごいですよね。

 

それだけ、ショートトラックに夢中になれたからこそ、史上最年少でのオリンピック出場ということを成し遂げられたのかもしれませんね。

吉永一貴の母親はあの有名選手!

 

吉永さんが大怪我をした際に「足じゃなくてよかった、練習を休まないで済む」といった母親はなんとショートトラックの元選手だそうです。

 

吉永一貴さんの母親である吉永美佳さんは全日本を3度制して、世界選手権大会で500mを連覇したことのある
実力者で、名選手なんだそうです。

 

さらには叔母(美佳さんの妹)の美善さんも1980年のオリンピックで

レークプラシッド五輪のスピードスケート代表選手で

第一回世界ショートトラック選手権大会総合優勝するなど輝かしい実績の持ち主なんです。

 

そんな環境にいたからこそ、この若さにして代表という実績をえられたのかもしれませんね。

 

以上がショートトラック代表選手の吉永一貴さんの顔の傷(怪我)と母親についてでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です