米倉久邦

5月23日の日大緊急記者会見で司会者が話題になりました。

 

この司会者が話題になりすぎて内田元監督の記者会見の内容がかすむほどにインパクトのあるキャラでした。

ちんぷんかんぷんなことを言い出したり、記者会見を終わらせようとしたりと・・・。

 

今回はこの日大のボスキャラである米倉久邦さんについて調べていこうと思います。

【日大】緊急記者会見の司会は誰?やり取りがクソ面白すぎるww

内田元監督にクズや常務理事を辞めろなどの声?ネットでは大炎上!

スポンサーリンク

日大記者会見での司会者は米倉久邦さん

 

記者会見での出来事が本当にひどすぎてコントでも見ているのかと思いました。

 

その時の様子がこちらです。

 

 

ほんと面白いですよね。

記者会見する気があるんだか無いんだか疑問なところです。

 

今回の記者会見で日大のブランド、評価というものを著しく落としたことは間違いないでしょうね。

 

 

そして、今回の記者会見で話題になった司会者というのがこちらの方。

 

 

日大の広報部職員ということで報道されていますが、

日大広報部の一番偉い人でしょうね。

おそらく広報部課長?とかだと思います。

 

会見では記者への態度が悪く、見ている視聴者も不快に思われた方が多いと思います。

なんというか、このひとが広報部担当だと思うと腹立たしいとよりも、

悲しい気持ちです。

 

この記者会見を見ているかどうかなんて関係ないだの言ってますが、

広報として、どういった立ち振舞をしなければならないのか

その辺が抜けていると思われる米倉久邦さんが日大の広報をやっているとなると

なんだか日本の大学全体を疑いたくなります。

 

ちなみに前にも炎上したみたいですね。

 

 

 

うーん 。

なんというかもう救えないですね。

 

おそらく、こういう老害

じゃなくてお年を召した人が広報や大学の管理職についていると思うとなんだか悲しい気持ちでいっぱいです。

 

【日大】緊急記者会見の司会は誰?やり取りがクソ面白すぎるww

内田元監督にクズや常務理事を辞めろなどの声?ネットでは大炎上!

スポンサーリンク

米倉久邦さんの経歴は?

 

米倉久邦さんについて調べてみると出てくるのがこの人物です。

 

米倉久邦

1942年東京生まれ。1968年早稲田大学卒、共同通信に入社。ワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長、論説委員長などを経て、現在は客員論説委員。高校、大学時代に山に親しみ、50代後半から山行を再開。日本山岳会会員、森林インストラクター、東京スキー山岳会会員。著書に『そうだ、山へ登ろう!――森林インストラクターになっちゃった』『森のチカラ――日本の森林再生プロジェクト』(共に三五館)など。

 

こちらの人物とは全くの別人ではないか?

ということもネットでは噂されていましたが、

元共同通信出身の米倉氏にJ-CASTニュース編集部が取材したところ同一人物ということが判明。

 

元ジャーナリストという質問する側の人がなぜあのような態度を取っていたのか非常に疑問です。

 

しかも、早稲田大学卒業後に共同通信に入社して、高校大学での山への親しみから森林インストラクターにまでもなった人がこれほどひどい態度の会見を行ったことが非常に遺憾ですね。

 

元共同通信出身といえ共同通信や、森林インストラクターというものに非常に悪い印象を植え付けたのは間違いないでしょう。

 

 

米倉久邦さんは結婚はしている?

 

米倉久邦さんが結婚しているかどうかなんですが、

記者会見で米倉久邦さんの薬指には指輪が見られませんでした。

 

結構年齢も上な方なので結婚していると思われたんですが、結婚していないんでしょうかね。

離婚しているとか?

 

まあ結婚指輪はしていないという方もいらっしゃいますしなんとも言えないところですね。

もしくは、今回の会見に望むために結婚指輪は外してきたということも・・・。

 

それはさすがにないですかね。

あの態度からはそこまで配慮できるようなかたとは思えません。

 

今回は、米倉久邦さんについて調べてみました。

 

正直、全然情報が乗っていなかったので、もう少し時間が立ってからしっかり調べて更新していこうと思います。

 

日大に関するこちらの記事もどうぞ。

【日大】緊急記者会見の司会は誰?やり取りがクソ面白すぎるww

内田元監督にクズや常務理事を辞めろなどの声?ネットでは大炎上!

スポンサーリンク