Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ラグビー】トンガの踊り(ハカ)の名前はシピタウ!意味は?動画も

トンガ代表 シピタウ

 

トンガ代表の踊り(ハカ)であるシピタウについて記述していきます。

また、実際のシピタウの動画や試合前にハカを行っている理由や意味などについても見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

トンガの踊り(ハカ)の名前はシピタウ

 

トンガ代表 シピタウ

 

イカレ・タヒ」の愛称で知られるラグビーのトンガ代表。

イカレ・タヒとは日本語で「海鷲」という意味でトンガ代表のエンブレムにも使われています。

 

ニュージーランドのハカが有名ですが、

そもそも”ハカ”が試合前に行う踊りの総称ではなくハカはニュージーランド特有の踊りを指すものです。

対してトンガ代表の踊りの名前はシピタウ

 

そもそも踊りの総称は「ウォークライ(戦いの雄叫び)」という名前になっています。

 

なので「トンガのウォークライはシピタウ」という表現が正しいですね〜。

 

基本的には”ハカ”という用語が日本では浸透していて、わかりやすいためにウォークライのことはハカと呼ばれることが

 

多いみたいです。

 

意味はある?

 

シピタウの歌詞はこちら

雷鳴で地面を踏みつけます
今日
叫びとハウリングの日
トンガでの私の人生
うん!
oh トンガ
見よ、入り口を作る
私たち全員
一つとして
(一斉にストンピング)
戦いに向かう
おい!はぁ!
歓喜の中で
スピーチで
神よ、祝福してください…
戦う続け
強くなる
一生懸命戦う
しっかりして
トンガのために戦う
「喜」を持って行きましょう!
戦いと遠くの
目標に向かって
私たちは勝利しなければなりません
ずっと勝利
うん!

引用:wikipedia

ニュージーランドのハカを例にとってみると、

ハカはもともとマオリ族という戦士が戦いの前に行い相手を威嚇し自らの力を鼓舞するものです。

 

現代ではニュージーランドのハカは歓迎のためにも使われ、相手に対して敬意や感謝を表すものとなっているため結婚式や開会式、卒業式、歓迎式典、ラグビーのようなスポーツでの披露などで披露されるようになりました。

 

なので、トンガのハカ(ウォークライ)であるシピタウも同様に歓迎のおもてなしのような意味で披露されることが多いです。

実際に2019年のラグビーワールドカップが日本で開催されている際には熊本市でトップリーグ所属のトンが出身選手が「シピタウ」を披露しています。

「シピタウ」闘志前面に 熊本市でトンガ出身選手ら披露 

出典:熊本日日新聞

 

ラグビーを盛り上げるよう各国がハカ(ウォークライ)を披露してくれているのは非常に嬉しいですし、見ているこっちも楽しくなりますよね。

スポンサーリンク

トンガ代表によるの踊り(ハカ)シピタウの動画

 

 

この動画はハカで有名なニュージーランド代表オールブラックス戦でのトンが代表のシピタウ動画になります。

ニュージーランド代表のオールブラックスが始めたのがきっかけのウォークライ(戦いの雄叫び)と呼ばれる試合前のパフォーマンスのようなもの。

 

ウォークライをする国は少ないので、対抗するようにハカを披露する試合はラグビーファンじゃなくてもどこか熱くなりますよね。

 

ほかのハカと違って少しリズミカルで、最後の拳を地面に叩きつけてから上に掲げるところなんかめちゃくちゃかっこよくて好きです。

 

日本で開催の2019年ラグビーワールドカップでもハカの対決が見れるということで、「ハカ」を見たさに実際にスタジアムまで行って目の前でハカを見に行った人も少なくないはずです。

 

一般的な踊りのようなダンスとは違って力強さや迫力などが画面越しにでも伝わってきて、ラグビーがわからない方でもどこか応援したくなります。

 

トンガ対ニュージーランドの伝説のハカバトルを見てほしい

 

 

こちらの動画もトンガとニュージーランドがハカを披露し合う動画なんですが、このときのエピソードが好きすぎるんですよね。

 

もともと、ハカをやるときに交互にやろうと両選手が決めていたのにも関わらずトンガの選手たちが会場の熱気なども相まって気持ちを抑えきれずにニュージーランドのハカが終わってないのに自分たちもハカを始めっちゃったという・・・。

 

もうなんかかわいいですよね。

 

ほっこりします。

 

トンガの選手がハカをし終わってから(0:39らへん)の指差すしぐさなんか、

おいっ!おまえら最高だぜ!

みたいなセリフが聞こえてきそうです。

 

本当にこのエピソードが好きです。

トンガのハカにネットの声は?

 

 

ハカも何種類かあるわけなんですが、それぞれ好みも違ってきますね〜。

 

今回はラグビートンガ代表のハカ(ウォークライ)であるシピタウについて意味や動画などについて記述しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください