Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ラグビー】フィジーの踊り(ハカ)の名前はシビ!意味は?動画も

ラグビーフィジー代表

 

ラグビーフィジー代表のハカ(踊り)について記述していきます。

動画やハカを試合前に行う理由なども合わせてみていこうと思います。

 

スポンサーリンク

フィジーの踊り(ハカ)の名前はシビ

 

ラグビーフィジー代表

 

フライング・フィジアンズの愛称で知られるラグビーのフィジー代表。

変幻自在のパスワークとランニングが特徴的でそのプレースタイルから「空飛ぶフィジー人(フライングフィジアンズ)」の愛称で呼ばれるようになりました。

 

そして、フィジー代表の踊り(ハカ)の名称はシビ(Cibi)になります。

 

勘違いされている方が多いみたいなんですが、ハカとはニュージーランドの踊りを指すもので試合前に行っている踊りの総称のことを言うわけではないんですよね。

あえて総称で呼ぶとすると「ウォークライ(戦いの雄叫び)」が正しいですね。

 

それぞれの国の呼び方があるので、

「フィジーのウォークライはシビ」という表現が適切かなと思います。

 

意味はある?

 

ニュージランドのハカを例に見てみてると、ハカとはマオリ族の戦士が戦いの前に手足を踏み鳴らし相手を威嚇して、自分の力を誇示するための舞踏です。

 

現代では主に、歓迎などの目的で使われることが多くラグビーのニュージーランド代表が披露することで有名になりました。

敬意や感謝の意が込められており、結婚式や卒業式、開会式や歓迎式典やラグビーのようなスポーツで披露されるようになりました。

日本でも2019年ラグビーワールドカップが開催されている時にニュージーランド代表をもてなすためにハカを踊って歓迎などしていました。

 

 

フィジー代表によるの踊り(ハカ)シビの動画

 

 

 

全体的にコンパクトでシンプルなハカ(ウォークライ)ですよね。

 

2019年ラグビーワールドカップで披露され、ラグビー熱も高かったことから日本では人気になったみたいです。

 

コンパクトでテンポの良さから、日本で言うところの陣”に似ているのかなと思いました。

ハカが人気なのも日本の円陣を彷彿とさせる、どこか見たことあるようなチームスポーツ経験者なら大体の人がやっているであろう円陣だからこそ、やっている人の気持がわかりこっちもどこか熱くなる気持ちにしてくれる。

そんなことからラグビーのウォークライが人気を博しているんじゃないかなと思いました。

スポンサーリンク

フィジーのシビにネットの声は?

 

 


ラグビーの試合もそうですが、「フィジーのシビ」が見たいためにフィジー戦のチケットを買って観戦に行く人もいますね。

選手の士気向上や観客が楽しめるようラグビーを盛り上げるためなどでやっているウォークライですが、ここからその国の文化や習慣なども知ってもらうきっかけになると思うとすごい良いパフォーマンスですよね。

 

サモア代表もウォークライをやることで有名ですが、2019年のラグビーワールドカップではタトゥーを隠すユニフォームを着て試合に望んでいました。

サモア出身の人達にとってタトゥーは非常に重要な意味を持つものですが、開催国日本にとってタトゥーはイメージが良くないために”開催国の文化を尊重する”としてタトゥー隠すためのユニフォームを着ることを決意したそうです。

 

そんな真摯的な国なんかもラグビーをきっかけにいろんな人に知ってもらえると嬉しいですね。

 

 

今回はラグビーフィジー代表のシビについて踊りの意味や動画について紹介しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください