Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

予約キャンセルの言い方で気まずくならないためには?

頭を抱えている女の人

どうも、kuです。

 

飲食店や美容院などを予約しても急な予定が入っちゃっていけなくなる時がありますよね。

 

そういった時って、キャンセルするの気まずいですよね笑。

 

そんな時に気まずくならないためにはどういった言い方や言い回しで伝えれば気まずくなくキャンセルすることが出来るか。

 

友人の体験談などから話していきたいと思います。

スポンサーリンク

予約キャンセルの言い方は?

結論から言いますとうまい言い方はないです笑。

 

何故かというと、キャンセルされるお店側はそんなにキャンセルする理由などはそんなに聞いていないということ。

 

居酒屋で働いている友人によると、繁忙期などは特に 予約⇒キャンセル⇒予約 の繰り返しで落ち着く暇もないという。

 

これは、予約をとれないとまずいので片っ端から予約をして後から削っていく消去法で予約をする人が多いからなんですね。

 

なので、連絡は早ければ早いほうがいいということ。

 

気まずいから言い方などを気にしているよりも早くキャンセルの旨を伝えてあげましょう。

 

どうしてもぎりぎりになってしまって気まずい気持ちもわかりますが急な用事などは仕方がないので早く伝えることが一番の敬意じゃないでしょうか。

 

ただ、気まずくならないような伝え方はあるのでこれを意識すれば、お店のキャンセルだけでなく面接や大事な場面でも相手に悪い印象を与えなくできるでしょう。

 

正直に伝える

メガホンで何か喋っている女の人

 

いけない理由は正直に言ってしまったほうがいいです。

 

嘘ついても自分が気分良くないですし、後味悪いですよね。

 

キャンセルする事はなど伝えるべきところはきちんと伝える。

 

誠意をもって申し訳ないことを正直に伝えるのが相手にとっても良い印象なんじゃないでしょうか。

 

伝えなくていい事や言いにくいこと(他の店に決めたなど)がある場合は「都合がつかなくなったので今回は取り消していただけますか?」くらいで大丈夫だと思います。

 

大事なのはきちんと早めに伝えることですよね。

スポンサーリンク

感謝の気持ちを伝える

握手を交わしているスーツを着た男の人

 

予約をキャンセルする以上相手側の時間をとらせてもらっているのでキャンセルの旨を伝えて承諾してもらったら感謝の気持ちを伝えましょう。

 

「急な要望で申し訳ありません、ありがとうございます。」というふうに「謝罪+感謝」したほうが自分がされてもいい印象じゃないでしょうか。

 

 まとめると

 

なんて言い訳しようかなどと考えているより早め早めに変更キャンセルの旨を伝える。

 

変更やキャンセルを伝える際に「きちんと正直に伝えること」「謝罪と感謝」が伝えられると相手にとっても自分にとっても気まずい状況じゃなくなるんじゃないでしょうか。

 

最後に

 

最近、飲食店などは予約のしやすさのせいか無断で予約キャンセルが頻発して大半困っているそうです。

 

人数分の食材や人員、席の確保が全部無駄になってしまいますもんね。

 

なので、最低限キャンセルの有無を伝えるのは常識だと思います。

 

予約という便利な機能でお店側が損をするのはもったいないですよね。

 

予約する側がちゃんと確認して予約していくのが正しいかと。

 

どうしてもキャンセルが出ちゃう場合は上記のことをきちんと伝え、感謝と謝罪を伝えることが大切だと思います。

 

予約のキャンセルをするときの気まずくならないためにする伝え方について話しましたが、いろんな断り方にも少し共通する部分があるんじゃないでしょうか。

 

嫌なことなど、色々取り繕って嘘をついてもバレますし、正直に行ってしまったほうが自分も楽ですし相手にとってもいいんじゃないでしょうか。

 

いい人間関係を築く際でもきちんと伝えることは大事なんだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です