Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【おっさんずラブ2】牧がいない事に批判殺到!受け入れられないの声

おっさんずラブ2

 

続編の正式な発表がありキャストなどが、公開されたおっさんずラブ。

良かったと思いきや・・・。

あれ、重要な人物がいない・・・?

 

牧くんこと林遣都さんが続編では出演しない

ことが公式に発表されてしまいました。

 

このことでツイッターはもちろんネットは大荒れ状態。

ネットの反応も見ていくとともに出演しない理由なども見ていこうと思います。

スポンサーリンク

【おっさんずラブin the sky】に牧くんが出演しないことが判明

 

 

おっさんずラブseason2となる2019年11月放送開始予定の「おっさんずラブ-in the sky-」

今回の作品では田中圭さん、吉田鋼太郎さんが続投する他に千葉雄大さんと戸次重幸さんが加わり4角関係の構図で恋模様が進行していくことになりました。

キャストやドラマの内容など明かされない状況が続いていた中での今回の発表におっさんずラブのファン達は喜びを見せていたんですが・・・。

さらには朝のニュース番組でも続編の告知がされるなどして盛り上がりを見せていましたが、、、

 

この4角関係に牧くんこと林遣都さんが出演していないことを知るとファンの方が次々と公式にリプライを飛ばしていきました。

 


この続き方は望んでいなかった・・・。

 

しかも、見た感じOLからパイロットの話になっているのでそもそも続編ではない?

キャストが続投のパラレルワールドのようなものになっていて困惑するファンがたくさんいました。

 

キャストが同じなら同じ話にしないと話がわかりづらくなりますし、期間がそこまで空いているわけでもなく映画もやっていたとなるともう訳がわからない状態に。

ネットでは牧くん不在に受け入れられないの声多数

 

今回の発表に受け入れられないやもう見なくていいなどの声が多数上がっていました。

 

 

たしかにおっさんずラブ 1の劇場版が公開されてからシーズン2までが早すぎるというのは一理ありますね。

もう少し楽しみがあるのにどんどん先に行かれるとついていけなくなるって感じですよね。

正直1年後とかのほうがもっと爆発的に伸びた感じはしますけど、今回のように牧(林遣都)がいないとなるともっと炎上していそうです。

 

 

続編は見ないという声が本当に多数ありました。

続編ではなくパラレルワールドっぽいしごちゃごちゃになりそう・・・。

 

 

公式のリプライには

・Twitterやインスタのアカウントを変えてほしい

・タイトルを使わないでほしい

・キャラ名も変えてほしい

 

との声が多数上がっていました。

 

たしかに、もうこれはおっさんずラブの続編ではないので違うアカウントで新たにおっさんずラブの二番煎じとして出してほしい気持ちはわかります・・・。

スポンサーリンク

牧(林遣都)が出演しない理由は?

 

牧が出演しないことが決まったわけですが、おっさんずラブの公式は結構ファンのことを考えたりする運営だと感じていたんですが、今回の発表には視聴者からの支持をえることは難しかったみたいですね・・・。

 

林遣都さんが出演しない理由として一番の理由は

役柄としてのイメージが付きすぎてしまうということでしょうね。

 

2019年9月10日の東スポでも報じられていました。

その記事はこちら⇩

林遣都「おっさんずラブ」ドラマ続編に難色示す理由

記事の内容を簡単にまとめると・・・

 

  • 芸能プロ関係者によると林の周辺が続編にあまりいい顔はしていない
  • 代表作がおっさんずラブだけに役柄に柔軟性がなくなる
  • 特におっさんずラブのインパクトが強くイメージが付きやすい

 

つまり、林遣都さんの今後の俳優業のことを考えるとおっさんずラブの牧という役柄にイメージを持っていかれて他での出演がしづらくなる。

事務所的にはこれといった代表作が無く、下積みのような経験をしてきた林遣都さんを丁寧に売り出して行きたいんでしょうね。

良い事務所な気はしますがおっさんずラブのファンからするとだいぶ複雑な気持ちになりますよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください