Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ンゴ」が流行中!元ネタや意味、なぜ今更流行りだした?

女の人

女の人

superaaronx2001 / Pixabay

最近、女子大生の間で語尾に「ンゴ」を付けるのが流行っているという。

これは8月24日放送のバラエティー「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で放送された、最近の女子大生のブームになっていることをゲストが聞くという企画で明らかになりました。

語尾に「ンゴ」とつけるこの流行。

実際、これ面白いですよね笑。

意味わかんないけどなんか語呂がいいし、汎用性高くて何でも語尾にできますし表現が柔らかくなったり。

そんな面白い「ンゴ」の意味はないように思えるんですが、ちゃんとした元ネタと多少の意味がありました。

スポンサーリンク

元ネタは野球選手?

ピッチャーがボールを投げる瞬間

jeffbalbalosa / Pixabay

「〇〇ンゴ」とは2ちゃんねる発祥のネットスラングで、「なんでも実況(なんj民)」から生まれた言葉です。

2008年のプロ野球開幕戦で楽天に所属していた投手、ドミンゴ選手が9回裏の2リードから1アウトも取れずに逆転サヨナラ3ランで負けてしまう。

その時に2ちゃんねるでは「ドミンゴwwww」というスレが乱立する。

この出来事があまりに衝撃的だったためにその後、他の投手が何か失敗すると名前の後ろに「〇〇ンゴ」とつけられるようになります笑。

さらには野球だけでなく「寝坊したンゴ」や「壊れたンゴ」のように何か失敗したときなど、マイナスな意味として使われる言葉として浸透していく。

野球選手が元ネタだったとは意外ですね。

そして、この元ネタがだいぶ面白い笑。

また流行りだしたら野球で投手が失敗するたびに語尾に付けられちゃいそうですよね笑。

約10年という月日を経て元ネタとはだいぶ意味も使われ方も変わってきてしまったんですが、何かあるんですかね?

スポンサーリンク

流行りだした訳は?

ijmaki / Pixabay

昔の言葉だったりファッションがまた流行りだすってよくあることですよね。

時代は巡るとか言いますし、そういった流れが当たり前になってるんじゃないですかね。

 

今は携帯といえばスマホが当たり前になっていますが、少し前までは二つ折りのガラケーが主流でした

今の世の中ガラケーを持ってる人は珍しいですよね。

でも、数年後にはガラケーがかっこいいみたいな風潮が出来てるかもしれないですよね。

現に僕はすでにガラケーがかっこいいと割とまじめに思ってますよ笑。

 

こういった、昔のものが流行る理由が目新しさにあると思います。

 

一発屋などの芸人や流行りのナイトプール、女子大生の間で流行っている「ンゴ」もそうですが時間がたつと飽きちゃうんですよね。

だから、時間が経った後にそれを知らなかった人が出てきて目新しさに飛びついて流行りだす。

流行が戻ってくるというより、人が入れ替わることで目新しさが復活するというほうがただしいんじゃないかと思います。

 

つまり、流行が流行りだすのは常に新しいものに目を向けている人間の特徴が出ているだけなんだと僕は思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です