ドラマ海月姫の蔵之介と修の兄弟が逆設定でおかしいや不満の声!

 

ついに月9ドラマの放送が始まった、人気作品の海月姫

ファンも多いことから今作品の期待が高まっているんですよね。

 

映画版では能年玲奈や蔵之介の女装男子を菅田将暉がやったことで評判が良かったんですよね。

 

それだけに今回のドラマはいろんな意味で期待がかかっていました。

 

しかし、キャストに不満を持つ以前に鯉淵家の蔵之介と修の兄弟設定が逆になっているではないですか!

これには、ネットで様々な意見がありました。

 

蔵之介と修の設定が変更されていることから、

母親の存在や、その他設定変更がされているかどうかなど見ていこうと思います。

スポンサーリンク

【ドラマ海月姫】鯉淵家の蔵之介と修の兄弟設定が逆に!

 

今回、ネットで騒がれているのが鯉淵家兄弟逆転問題。

 

原作の漫画、海月姫では、

女装男子である蔵之介が弟

修は堅物だが弟思いの兄

という設定になっているんですよね。

 

この設定でドラマも進むのかと思いきや、

設定が変更されていました。

 

ドラマ版では瀬戸康史さんが女装男子の蔵之介を演じているんですが、

工藤阿須加演じる修が弟という設定になっていました。

 

これには視聴者も驚きの声を隠せませんでした。

ドラマ海月姫は実際に見ていたんですが、蔵之介が兄という設定がわかった時

自分も声をあげ流くらいびっくりしました笑。

 

ただでさえ原作がある作品の実写版というのは批判がつきものなんですよね。

それを設定変更なんて視聴者の反感を買うような真似をしたフジテレビは大批判を食らうでしょう。

海月姫

海月姫の鯉淵家兄弟の設定変更にネットの声は

 

今回は本当に驚きました笑。

もはや笑えてくるレベルですよね。

 

兄弟変更くらい大丈夫だと思ったんですかね。

映画でも実写化していてドラマでも実写化するとなると批判の声が集まるのはわかったはずなのになぜ兄弟の設定変更したんでしょうか。

ネットでは不満の声が爆発するよりも前に困惑している声が多数ありました。

 

 

 

これには本当に不満の声が多数上がりましたね。

 

確かに、シュウシュウが蔵之介の兄だからこそあの物語にエッジを効かせているのに、弟設定だと物語が台無しだよとの声が多数ありました。

 

本当にその通りで、シュウシュウが兄という設定だからこその海月姫と言っても過言ではないですかからね。

ドラマ海月姫の鯉淵家兄弟の設定が逆になった理由とは?

 

今回の兄弟設定変更にはもう視聴者から怒りを買いましたよね。

誰が設定を変更したのか、理由など調べたところ。

 

 

 

 

・・・・え?

 

これはさすがに意味がわかりませんよね。

キャスティングの時点で兄弟の設定をしっかりしておくべき問題です。

 

この設定変更にはこんな不満の声も

 

 

あの映画かよりはましかなというキャスティグだったにも関わらず、

この兄弟逆転によって見る気が失せたなどの声もあって月9として今後の視聴率がどうなるか気になります。

 

兄弟を変えればこれだけの不満があったのは予想できたはず。

それを無理やり変更したとなればそれだけ設定変更があるということでしょうか。

 

何か大事な設定変更があったから兄弟も変更しなくてはならなかった。

そうだとしても設定変更には不満の声が募ることには変わりはないようです。

スポンサーリンク

1 Comment

最終兵器猫

最初は未成年と中年の恋愛がマズイと思い改変したのかと思いました

でもそれなら月海の年齢を二十歳ぐらいに変更すれば良いだけの話です。そこは変更してもさほど支障はないはずだからです

愛人との子供というのがマズイので前妻という呈をとりたいのではという意見を見て成程と思いましたが、2話で普通に修パパとリナさんのエピソード使ってるしますます意味不明です

2話見て、ただ自分達なりの味付けがしたかっただけなんだなと兄弟変更を知った時もですがぶちギレましたね

最終的に辻褄が合えば良いのではという意見もありましたが、兄弟変更してる時点で既に不自然さが生じてるしこれからも会話とかで出てくると思います(?と思いつつ話は勝手に進むみたいな)

あの兄弟だから会話なりキャラなり生きてくるものを適当な改変で殺すのは絶対違うと思います。この件に関しては公式で説明しろと思いますねマジで

そもそもフジって結構改変したりとかありますけど原作サイドから怒られたりとかしてるのだからいい加減学べよ、、と思いますね。しかもその改変もセンスがない。改変能力がないと思います

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です