Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小泉進次郎のポエム大喜利が面白すぎる!言いそうなことをネタにされる

小泉進次郎

 

小泉進次郎さんが環境大臣になったわけですが、発言がポエムっぽくてわけがわからないと話題に。

ツイッターでネタにされていた小泉進次郎がいいそうなこと大喜利をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

小泉進次郎のポエム大喜利が面白すぎww

 

小泉進次郎さんが言いそうなことをポエムっぽくしてつぶやくことが流行りすぎてツイッターのトレンドにもなっていました。

 

 

あとツイッターで「小泉進次郎」と打つと予測変換に

 

小泉進次郎

【砂糖は甘い】

 

って出てきて最初は意味がわからなかったんですが今なら意味がわかります。

なんで、砂糖は甘いというワードが出てきたのかは謎ですが(笑)

 

ポエムというよりは、少し前に流行っていた「あたりまえ体操」のような感じしますよね。

ひたすらに当たり前のことをどこか回りくどく説明するだけという。

 

 

 

何がきっかけでこんなネタに?

 

小泉進次郎

 

このネタが始まったきっかけは環境大臣になって2019年9月17日に除染廃棄物の最終処分にまつわる質問に答えた時でした。

 

「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」「その最終処分場の検討が進んでいない。現状や見通しについて見解をいただきたい」と問われた。「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」「その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします」と発言したところ、記者が「具体的には?」と再び訊ねた。すると、こう返したのだ。

「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

引用:Yahoo!ニュース

 

これまでも中身のない発言や記者に対しての質問への回答に全くなっていない発言などありましたが、環境大臣になりさらに注目されることとなりより一層浮き彫りになったということでしょうね。

 

記事にある最終処分場についての動画もあるのでどうぞ

 


さらにこんな発言もしていました。

 

 

2019年9月23日の発言ではこんなことも。

 

 


セクシーと発言してツイッターはもちろんニュースでも大きく取り上げられ、問題視されました。

 

ただ、セクシーという単語は日本で言う(女性に向かって)性的魅力があるという意味の他に男女問わず「ワクワクする」「人間的に魅力がある」「自己表現ができる、自立・成熟した人」という意味もあります。

 

メンタリストのDaigoさんが自身のYouTubeチャンネルでこんなことを言っていました。

 

「海外ではセクシーと言う発言は違う意味で使われていて、「ワクワクする」や「(男女問わず人間的に)魅力的だ」という意味があり日本で一般的に使われている(女性に対して)性的な魅力があるという意味ではあまり使われない。

とのこと。

 

つまり、メンタリストのDaigoさん的にはテレビで報道されているセクシー発言に関しては切り取られて情報操作がされているということみたいです。

コメントは微妙とは言っていましたが(笑)

 

コロンビア大学を卒業して博士号を取得して帰国しているので頭は良いはずですよね。

コネで入ったと言う方も多いかもしれませんが、海外の大学は入学よりも卒業するほうが難しいなんて言われていますからね。

 

Daigoさんも実力があるかはこれから仕事で証明してくれるだろうと言っていますので、発言だけを切り取って無能と決めつけるのは良くないかもしれませんね。

面白い発言をする人くらいに楽しんでおくのが一番かもしれません。

スポンサーリンク

大喜利ネタにツイッターの反応は

 

 

中身のない発言をするということは、仕事ができないと捉えられても仕方がないですからね・・・。

 

もしかすると小泉進次郎さんへのヘイトをためて自分を動きやすくするための安倍政権の思惑だったりするかも?

 

Daigoさん的には小泉進次郎さんはコロンビア大学を卒業していて聡明な方ということでマスコミの報道にイライラしていました。

コメントは微妙だけれどもこれから仕事で証明してくれると思いますけどね、と発言していることからマスコミの報道が過剰なだけなのかもしれませんね。

なんにせよ、これからますます話題になること間違いなさそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください