U.S.A

話題になりまくっているDA PUMPの新曲「U.S.A」

 

今回はそんなダサかっこいい新曲の作詞歌詞が誰なのか

元ネタの動画について紹介していこうと思います。

 

間違いなく今年の流行語にノミネートされるでしょうね。

 

DA PUMPの関連記事も合わせてどうぞ

【DA PUMP】U.S.Aのダンス振り付けフル動画!振付師は誰?

DA PUMPの新曲MVがダサかっこいい!

 

有名人やスポーツ選手など様々な人を中毒症状にさせている

DA PUMPの3年ぶりの新曲、「U.S.A」

 

 

中毒性抜群の曲です。

正直最初に聞いたときは

 

ん?そこまでダサい曲か?

そんなに流行るか?

 

とか思ってたんですが

まんまとやられました

 

3回聞いたくらいから頭から離れません。

どうにかしてほしいです。

中毒性高すぎてDA PUMP訴えようかと思います。

 

こんなにも中毒性のある曲を作ってしまったDA PUMPの罪は重いです。

 

流行りだしたら街中でも聞くようになると思うのでますます頭から離れませんよ。

 

カーモンベイビ〜♪アメリカ〜♪

 

DA PUMP新曲の「U.S.A」歌詞まとめ!

 

DA PUMPの新曲「U.S.A」の歌詞はシングルが発売されて公式に発表されたらちゃんとしたものを更新しますね。

今はまだ暫定での歌詞をのせておきます。

 

歌詞が載っているサイトはこちら

 

 

歌詞を見るとわかると思うんですが、

ダサい。

 

しばらくダサい。

3年ぶりのシングルがこれは面白すぎる(笑)

 

もう夜中に勢いで書いたポエムを朝になって読み返してみている気分です。

 

しかし、ISSAの歌唱力が素晴らしく良いものでかっこよくなってしまう・・・。

DA PUMP新曲の「U.S.A」の作詞作曲は誰?

 

今回のDA PUMPの新曲「U.S.A」の作詞作曲が誰なのか調べていこうと思います。

 

まずは作詞した方から紹介していきます。

 

U.S.Aを作詞したのは

shungo.」という方です。

 

 

 

shungo.さんは男性ダンス&ボーカルユニットの

w-inds.に70作品以上の作詞を提供しています。

主な代表作はこちら。

「Because of you」
「SUPER LOVER〜I need you tonight〜」
「LONG ROAD」
「十六夜の月」
「IT’S IN THE STARS」
「TRIAL」
「ハナムケ」
「LOVE IS THE GREATEST THING」
「Beautiful Life」
「CAN’T GET BACK」
「Rain Is Fallin’/HYBRID DREAM」/ w-inds.
「over…」/K
「真昼の月」/島谷ひとみ
「AS TIME GOES BY」/島袋寛子(hiro)
「S.P.D.」/SPEED
「Say Good-bye」
「JUNGLE DANCE」
「SEXY SENORITA」
「Crazy For You」/谷村奈南
「Reason」
「Result」/玉置成実
「moonlight」/MAX

 

勝手なイメージなんですが作詞家と聞いて思い浮かぶのが

小説とかを書いていそうなメガネかけた、

どちらかというとインドアな人という印象がありました。

 

それと比べるとshungo.さんの見た目イカツすぎません?笑

もうEXILEのATSUSHIですやん。

 

shungo.さん自身も歌手として活動されてたみたいで完全にATSUSHIです。

shungo.さんすいません。

 

見た目とは裏腹にshungo.さんの歌詞は80年代歌謡曲、

短編映画のような映像が浮かんでくる。

そんな印象を受けます。

U.S.A原曲は「Joe Yellow USA」

 

 

U.S.Aの作曲はなんと日本人が作曲したものではなくて海外のかたなんですよね。

Joe Yellowという音楽プロジェクタが作曲し、

1992年に発売されたUSAという曲が元ネタの原曲みたいです。

 

Joe Yellow(ジョーイエロー)とは80年代のイタリアのディスコミュージック(イタロ・ディスコ)を代表する音楽プロジェクトの名称です。

なので人の名前ではないです。

「RADWINPS」みたいなグループの名前みたいなものです。

 

ただ、ドメニコリッチーにという方が唯一のメンバーみたいです。

 

イタリアでは、イタロ・ディスコといえばジョーイエローと言われるくらいにはメジャーな存在みたいです。

アイドルと言えばAKBみたいな。

 

 

なので、DA PUMPが作曲したというよりは

DA PUMPが編曲して日本で発売したということですね。

 

原曲はこちら

 

なので、こちらの曲を使って

shungo.さんが作詞したということですね〜。

 

当時の日本のディスコでも流れていたそうで、

懐かしいなんて思っている方もいるみたいです。

 

 

今回は、【DA PUMP】U.S.Aの作詞作曲についてや

原曲や元ネタについて紹介していきました。

 

DA PUMPの関連記事も合わせてどうぞ

【DA PUMP】U.S.Aのダンス振り付けフル動画!振付師は誰?