Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コーヒーは体に良いの?悪いの?どんな効果があるか調べてみた!

coffeeコーヒーって体に良いとか悪いとかいろんな研究がされていて、結局どっちなのかわからないですよね。

体に良いから飲んだほうがいいという意見もあれば、死亡のリスクを高めるとまでいう意見もあります。

タバコを吸う人や、カフェなどによく行く人はコーヒーを飲むことが多いと思います。

自分も朝とか目を覚ますために飲んでいたので気になって詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

コーヒーの悪い影響

コーヒーを飲むと悪いとされているのが以下のようなものです。

脱水症状

カルシウムの吸収を妨げる

糖尿病の危険がある。(缶コーヒーによる糖質の過剰摂取)

カフェイン依存症

などなど、、、

上記のような悪い影響は基本的に摂取し続けたり、定期的に一定以上の量といった条件下で悪影響が出てくるみたいですね。

ということは、飲む量を加減すればこれといった悪影響はないんじゃないか、、、?

コーヒーを飲んでいる人からしたら嬉しいニュースですよね笑。

体に悪いからって飲むことを全くやめる必要はなくなるということになりますからね。

コーヒーの良い影響

じゃあ逆に良い影響はどういったことがあるかというと、以下のようなものになります。

眠気が覚める

ストレス緩和。(ストレスを感じたときにでる成分を減らす作用があるため)

記憶力運動の持続力などの向上。(カフェインによって脳が活性化して感覚が鋭くなるため)

脂肪の吸収を抑える

鎮痛作用

消化促進。(カフェインによって胃液の分泌が活発になる)

いいことだらけじゃないですか笑。

なんか、こういった情報を知ったうえでコーヒー飲んだら思い込みの相乗効果でなおさら実感しそうですよね笑。

これで悪い効果と良い効果がわかったんですが、じゃあ結局どのくらい飲んだら大丈夫か。

悪い影響を及ぼさない程度に良い影響を受けられる大体の目安はあるのか?

スポンサーリンク

適切な量は?

個人差があるものの一日に4杯以上飲み続けると危ないみたいです。

コーヒーの一杯(240ml)にカフェインは大体60~120mg入っています。

一日のカフェイン摂取量が200~400mg以内なら許容範囲という研究結果が出ているので多くても4杯

個人差があるのであくまで目安程度に。

まとめ

今回はコーヒーを飲むことによる影響について調べてみました。

悪い影響はあるけど適度な量を心がければ、良い影響があるということでした。

飲みすぎて依存しないように、ここぞというときに飲むといいかもしれないですね。

実際自分も、集中したい!とかさすがに疲れた、、と思うときに飲んだりするとだいぶ変わりますからね。

悪い影響だから飲まないとか、良い影響だからたくさん飲もうなどの極端に考えすぎるのは良くないですね。

適度な量を飲むことでコーヒーといい付き合い方ができそうです。

コーヒーを飲む際はこの記事を思い出していただいて、量など気を付けて飲めるようになってもらえたら嬉しいです。

[qauds id=3]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください