Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熱中症になったらどうしたらいい?対策と対処法をわかりやすく解説

どうも、kuです!

皆さんは熱中症になったことはありますか?

僕はなったことがあります(笑)

たぶん、対処が遅かったら倒れていた気がします。

なので、皆さんにはちゃんとした対処法と対策を理解してもらいたいと思います。

ちゃんとした知識があればとっさの対応も可能になるはず。

それでは、わかりやすく解説していきます。

[qauds id=1]
スポンサーリンク

熱中症の原因は?

まずは熱中症の原因を理解することが大切です。

原因がわかれば対処もしやすいということです。

本来人間は体温を一定に保とうとします、汗をかいたりして。(病原菌を倒すためには体温を上げることはありますが。)

しかし、炎天下の中など高温の場所に長時間いることでその体温調節機能が麻痺して馬鹿になってしまいます。

その調節機能が働かなくなると体内に熱がこもり急激に汗をかき体の水分や塩分が失われます。

そうすることによって、めまい痙攣吐き気まっすぐ歩けないなどの症状を及ぼすことを熱中症といいます。

簡単にまとめると

  • 自らの意に反して体温が高くなって危険な状況。
  • その原因は体の体温を一定にする機能がちゃんと働いていない。

人間42度以上になると死ぬっていう話がありますから本当に危険です。

熱中症になったら?

まずは体の状態の確認です。

意識がはっきりしているのか、自力で水分を補給できる状態か。

時間がたってもよくならない場合は救急車を呼んだり病院に行くことをお勧めします

もし熱中症になったらさっきの「熱中症の原因」の逆のことをしてあげれば大丈夫です。

  • 体温が高くなっている ⇒ 体温を下げて一定にしてあげる。
  • 体の機能が働いてない ⇒ 体温調節機能が働くようにしてあげる。

体温を下げる効果的な方法

まずは日陰など風通しのいい場所など室内であれば冷房の効いた場所に移動させる。

そしたら濡れたタオルなどを体に当てましょう。

その際に効果的なのが、首筋・わきの下・足の付け根などの大きい動脈があるところです。

血液を冷やすことで全身に行き届き体温が下がりやすいです。

水分をしっかりとる

水分や塩分が急激に失われているので補給してあげましょう。

水分だけではNG

水分だけ取ると血液の塩分濃度が下がって水分がもういらない状態になってしまいます。

なので、その際に効果的なのがポカリスエットなどのイオン飲料

イオン飲料水は水分塩分糖分を摂取できます。

糖分には水分吸収を促進する機能があるので効果的。

イオン飲料が苦手な方は作ってみるのもお勧めです。

水 500ml
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/4
レモン 大さじ1

の量でつくるのが効果的です。

[qauds id=2]

実際に熱中症になったお話

僕が熱中症になった時は小学校低学年で見える世界がだんだんとモノクロになっていきました。

「あ、これやばい」と小さいながらに察知しました。

その時はおみこしを担いでいたんですが、モノクロの世界で意識もあまりなかったけれど頑張って近くの大人を見つけてふらふらしながら訴えに行きました。

「やばい」と(笑)

その時は室内の涼しいところに移動してポカリスエットを飲み、気持ち悪さと戦いながらモノクロの世界からだんだんとカラーの世界に変わる貴重な体験をしました(笑)

体温が上がることで色を識別する目の機能が働かなかったんでしょうかね。

急にモノクロの世界に行くとマジで怖いですよ。

なのでこういったことにならないためにも何より大切なのは対策ですね。

熱中症対策

熱中症にならないために大事なことはいくつかあります。

大きく分けてこの二つを意識しましょう。

  • 日々の中で気を付ける
  • 暑さに負けない体作りをする

日々の中では、

のどが渇いていなくてもこまめに水分をとる。

気温や湿度をこまめに気にする。

塩分を程よくとる。

こまめにちょっとずつ気にかけることですね。

身体作りでは、

しっかりとした食事。

ちゃんとした睡眠をとる。

こういった体調管理で熱中症になりにくい身体を作りましょう。

おわりに

身体を壊してしまったらお金もかかり時間もとられていいことないです。

なので日々の生活の中で対策出来ることは積極的にしていき、なるべく体調を崩さないようにすることが出来ればいいですね。

[qauds id=3]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です